やはり霊長類での検証が行われたようだ

 

神経細胞に親和性の強いウイルスであるのであろう

 

メカニズムの解析とともに

その結果をベースとした治療薬

 

また、予防ワクチンの完成を早急に願いたい

 

実験動物としてサルが用いることが出来る事が明らかになったので

治療薬やワクチンの効果の検証を行う事も可能となったこと

開発スピードが上がっていくだろう