VoiceText Web API えーっと。何故「クマ」?

それとサンタって・・・

という訳で、フォローしました。このPowershell版は、パラメータで話者の補完をするので。

ついでに、

  • パラメータに CmdletBinding() 追加
  • テキストを標準入力からでも指定可能に
  • 話者の初期値を show にしておきながら、必須入力という矛盾点を解消
  • -PassThru パラメータを追加。単純に指定されたテキストを返す

という bugfixと仕様追加もしておきました。
環境を用意せずに、一番簡単に VoiceText Web APIを試せるので、どーぞ。

Powershellから VoiceText Web APIをたたいて、しゃべらせるスクリプト